そもそも発達障害って何?

教育
特別支援教育に興味がある。
担任している学級の子ども・保護者への支援の方法を知りたい。

そんな思いから本書を手に取りました。

同じ気持ちの方の参考になれば幸いです。

発達障害とは何か

自閉書スペクトラム(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)、学習障害(LD)などがあるが、これらはよく重複する。

特性→対人関係、こだわり、勉強、運動、うっかり、落ち着かないなどがある。
障害は、本人が困っていると言うこと。
周りがまず理解して対応すれば軽減していける。

発達障害との向き合い方として、「知る→相談→整える→支援を受ける」を心がける。
知りもしない状態から整えようとすると、無理な指導をしてしまうことが多い。

特性→背の高さや利き腕のようなもの。
発達の特性には、認知特性と行動特性がある。
特性があっても、生活上の支障がなければ障害があるとは考えない。子どもが辛くならないことが大切。

発達障害の種類

ASD コミュニケーションの困難、興味の偏り、こだわり
本人を集団に無理やり適応させるのではなく、本人なりのスタイルで社会参加できようにする。

ADHD 2種類ある。
多動性・衝動性タイプ。(じっとしていられない、思いつきで行動、発言してしまう)
不注意タイプ(忘れもの、聞き忘れ)
そそっかしいけれど、めげずに明るいタイプ

LD 勉強が苦手 読み書き計算に現れやすい。

知的障害 全般的な発達の遅れ

DCD 発達性強調運動症 運動が苦手で、手先が不器用

他にも、チックなども含まれる。

二次障害

無理解からくる無理な要求→自信を失ったり、やる気を無くしたりする。
これは本人の問題ではなく、周りの問題である。
→うつ、イライラ、不登校、チック、いじめ、フラッシュバックにつながる。
ASDの子は、過剰適応の可能性があり、無理して心に負担がかかっている場合がある。そのため、精神障害になりやすい。
大人になっても発達障害は消えない。それはその子の特性であり、病気ではないからである。

障害をどう考えるか

前述の通り、障害は病気ではない→治そう、遅れを取り戻そうというものではない。
※挨拶できないから、挨拶を練習させようは、本人の負担になる。長い目で見て対応していく。
見捨てるわけではないが、問題に見える行動はその人のスタイルであり、無理に変えるものではない。
子育てに目安はある(おむつはいつ取れて、いつから卒乳してなど)が、それをノルマにしてはいけない。
ただの平均値であり、その後のベストな育ち方とは限らない。
発達障害の子は、苦手もあるが得意もある。
苦手を治すより、得意を伸ばす。→自尊心が育つ。
長い目で見ると、他の子より遅くても、苦手なことも伸びていく。

障害に気づいたら、、、

×とにかく対応する
○あせらず、何に困っているか理解する。
→その子に相応しい支援を。

発達障害の子を傷つけるのは「無理解なのに熱心な人」

二次障害を防ぐ

発達障害の特性を押さえ込む、減らすでは、その子の否定になってしまう。
肯定的に捉え、活用するか補う。

発達障害の子どもは、社会活動で疲れやすい。とにかくストレスを避け、本人の意欲を守る。

捉え方を変える
・定型発達症候群→発達障害者の立場からすれば、定型発達者の方が症候群にかかっているように感じられるという言葉。
・ニューロダイバーシティー→神経系の異常障害としてではなく、神経系の多様性と捉える言葉。
・非障害自閉スペクトラム→自閉症スペクトラムの特性があるが、障害を感じていない状態。周りの働きかけ次第で、特性は障害にならないことを表す。

専門機関、学校や園、自治体
教員として、自分が住んでいる自治体の支援を知っておくことも重要だと思う。

家庭で親ができること

子育てがうまくいかない
→親が子どもに合わせると子どもの苦労が減る。しかし、親のストレスが増える分、親の支援が必要。

二つのスキルを伸ばす
・できることは積極的にどんどんやらせる。
できないことは無理せず、やらせない。他人に頼る。最低限のルールは守る。

苦手な場面への対応
仲間が欲しいけれど、うまく関われない。→仲の良い子が数人いればいい。

こだわりへの対応
→危険になったり周りを困らせる困ったこだわりと、迷惑をかけないこだわりがある。
困ったこだわりだけ、無理に辞めさせずに、自然に減らしていく。

落ち着きがない子→いちいち注意しない。大目に見て、多少姿勢が悪かったり落ち着いていなくても、勉強できてたり、コミュニケーションが取れてたらよしとする。
目的に沿って頑張っていたらオッケー。
落ち着きなく勉強も苦手な場合→目標を低くして、かつ一つだけに絞る。

うっかりミスが多い子→ミスをなくすより、ミスはあるものと考えて、あっても大丈夫なようにする。課題を一つに絞る。遅刻しないが課題なら、忘れものや身だしなみは一旦置いておく。とにかく自信や意欲をキープできるように、ミスを指摘よりできていることを認める。

勉強が苦手→別の学び方を提案する。その子が何につまづいているかを観察して、良い支援を行う。文章量を減らす、文房具を変える、デジタル教科書で読み上げてもらう。

学校や地域で受けられる支援

発達障害者支援法→支援を受けなければならないではない。支援を受ける権利がある。

手帳を取得することで、、、
精神障害者保健福祉手帳→発達障害者
療育手帳→知的障害者
受給者証
福祉的な支援を受けるために必要。
発達障害の子の場合は、「障害児通所受給者証」を取得すると、療育を受けられ、自己負担額が1割になる。
療育→児童発達支援センター(自治体や社会福祉法人)、児童発達支援事業所などの療育機関で、支援を受ける。

特別支援教育は入級まで1年ぐらい見ておきたい。
就労支援を受けることもできる。

最後に

発達障害の子や保護者が生きやすい世界は、きっと多くの人にとっても生きやすい世界だと思います。
障害は矯正するのではなく、その子の特性として、周りがどうすれば生かせるのかを考えること。

しっかり心がけて子どもも保護者も担任も、力を合わせて頑張っていければ良いと思います。

今日もありがとうございました!✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました